下路「初めての将棋」

娘が誕生日を迎え7歳になりました。
私の姉からの誕生日プレゼントに、
娘は学童で覚えた「将棋」をリクエスト!

娘に教えてもらいながら、私も生まれて初めての
将棋をしています。

娘は注意力散漫タイプで、テレビを横目に油断しているので
その隙に「王手」をかける手法で最近は連戦連勝です。

※娘は律儀に「王手っ!」と言ってくれるのですが、
 説明書には「王手」と言う必要はないと書かれていたので
 私は「王手」と言いません。

ただ、お互いにいつも戦法はワンパターン。
他にどんな戦法があるのか、強い人と対局してみたい思いも
少しあります。。。

下路 「今年の運動会」

去年に引き続き、またこの時期にブログを書くことになりましたので、
子供の運動会ネタで、すみませんm(._.)m

去年は、年中組のオープニング鼓笛隊のプレッシャーが大きかったのか、
最初から最後まで泣いてばかりの運動会でした。

今年は、保育園最後の運動会ということで、
組立体操、レベルの上がった鼓笛隊もあり、
近づくに連れて、『運動会イヤや』の繰り返し…

また今年も大泣きかな、と思いましたが、
1回も泣くことなく(普通は当たり前なのですが)、
やり遂げることが出来ました!

成長した姿を見ることが出来て、本当に嬉しかったです。

さて、次はお泊まり保育…

『行きたくない』
『ママがいい』
『何でお泊まり保育のお金払ったの?』
ばかり言われてますが、何とか乗り切ってくれると信じています!

下路 「涙の運動会」

9月の3連休の最終日は保育園の運動会でした。
台風の影響で、開催されるか心配でしたが、
朝から晴天でホッとしたのは束の間・・・

娘は年中組で、オープニングで鼓笛隊としての
役割があるので、少し早めに集合場所に連れて行き、
「太鼓、頑張ってね!」と言いながら
顔を見たら、大号泣!!

なだめても泣き止まず、先生に抱っこされて連れて行かれ・・・
数十分後、こちらも不安なまま入場して来る娘を見ると・・・
まだ泣いてるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
周りのお友達は、誰一人泣かずに、太鼓たたいてるのに、
我が娘は声を上げて泣いていました。

途中、先生が声をかけて下さって、何とか泣きながらも
太鼓をたたき始め、開会式が始まる頃には、
お友達とお喋りしたり・・・

「何だったんだ?! 緊張か?」

プログラムは進み、終盤たまたまトイレで娘とバッタリ会うと・・・
また泣いてるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後のプログラム、全員でダンスの時、ちょうどカメラを構える
私の目の前に来たら・・・
また泣いたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

落ち着いてから、泣いてた理由を聞いたのですが、
「ナイショ」と言われてしまいました。

多分、鼓笛隊という初めての経験・たくさんの大人がカメラを向けてくることへの
プレッシャー、そしてそこから早く逃れてママのところに帰りたいという
思いだったのかなと思います。

自分の子供が運動会で泣くとは思いもしませんでしたが、
泣きながらも途中で諦めずに最後まで頑張ったことを
たくさん褒めて、「来年も泣くのー?」と冗談で聞くと、

「泣く!」と即答!!
さて、困った・・・

下路 「この夏の思い出」

娘が3歳になったこともあり、今年の夏は家族で、近場ですがいろいろなところへ出かけました。プールにも何回か行きましたので、私の悩殺水着ショットをお見せしたいところですが、ちょっとやめておきます。

子供の写真ばかりで恐縮ですが、少しご紹介させて下さい。

%e5%86%99%e7%9c%9f1

これは、京都水族館に行った時で、このような顔を当てはめるようなものが、たくさん置いてあったのですが、
娘はご覧の通り無表情で、でも何個も何個も一心不乱に顔を当てはめていました。

中でも、この写真のドジョウ?ウーパールーパー?(親は全く興味なし)が一番のお気に入りで、
私にも勧めてくれて、やってみたのですが、パパは写真を撮ってくれませんでした・・・

2

これは、伊勢志摩へ一泊旅行に行った時で、旅館でくつろいでいるのは・・・娘だけですね。少し前が嘘のように、娘はパパっ子で、このようにパパのそばを離れません。(もちろん、ママのことも大好きですよ!!)

ただ、なぜパパの上にバスタオルを敷いてから、乗っかっているのかは謎です。

他にも、アンパンマンの映画・東条湖おもちゃ王国・機関車トーマスのミュージカル・私の実家近くの夏祭り・・・などなど、

娘にとっても楽しい夏の思い出を作れたのかな、と思います。