竹下「ピッチとの距離感近く迫力満点!パナソニックスタジアム吹田」

コモンルーム中津の竹下です。

3カ月程前ですが、吹田のパナソニックスタジアムに
ガンバ大阪VS名古屋グランパスのサッカー観戦に行ってきました。

今回はその時に感じた
「パナソニックスタジアムの迫力」について書きたいと思います。

パナソニックスタジアム自体は、
2015年10月に完成したスタジアムですが、
当時、ファンクラブやスポンサー会社「みんなで作る日本初のスタジアム」
として注目を集めていました。

その時から、気になりつつも
1回も行くことが叶わなかったのですが、
友人の誘いもあり、今回ようやく現地で観戦することができました。

噂には聞いていましたが、
観客席とピッチの距離がとにかく近く、
選手同士の掛け声や、ボールの衝撃音も聞こえてくるような
大迫力の空間でした!

個人的には、控え選手のウォーミングアップが
超至近距離で見れるのが印象的で、嬉しかったです!

一般的な国内のスタジアムだと、
陸上競技用のトラックが、ピッチの周囲に引かれており、
その分、観客席との距離が離れてしまいます。

その点、パナソニックスタジアムは、サッカーのために
作られたスタジアムなので当然トラックも無く、
観客席とタッチラインまでは、わずか7mしか無いようです。
(ファンの間でも、世界のスタジアムにもひけを取らないくらいの
サッカースタジアムと言われているようです。)

現地で観戦を終えて、
「こんな凄いスタジアムが大阪にあったのに、
 なんで今まで行ってなかったんだろう」と後悔しました…。

ちなみに、
肝心の試合は、1:3でガンバの黒星という結果で、
ガンバを応援していた私にとっては残念な内容でした…。

終始パスが繋がらず、煮え切れない試合展開でしたが、
スタジアムの興奮のおかげで、負けてもとても満足できた1日でした。

またコロナが落ち着いた時には、
満席の状態のパナソニックスタジアムで観戦したいと思います!

竹下「我が家のエリート社員 eufy」

コモンルーム中津の竹下です。
先日、全自動掃除機ロボットの「eufy」を購入しました。

掃除ロボといえばルンバが有名ですが、このeufyは2万円以下という低コストながら値段以上の活躍をしてくれます。
今日はそんなeufyの魅力を3つご紹介したいと思います。

1つ目は、なんといっても、自分の自由時間を生み出せる点です。
掃除ってめんどくさいですよね。そもそも音がうるさいので、休日の日中くらいしかできませんし…。
でも、eufyなら、スマホで掃除予約や遠隔指示が出来るので、職場から昼休憩中に掃除をさせておくことが出来るんです!
これで今まで掃除に充てていた時間を自分の好きなように使えます!

2点目は、意外と細かいところまで掃除してくれる点です。
いくら全自動とはいえ、はたしてちゃんと綺麗になるのでしょうか?
最初は私も疑問でしたが、90点レベルの掃除ならeufyでも十分綺麗になります。
eufyは3つのモード「自動掃除モード」、「壁沿いモード」、「エリア集中モード」を切り替えることができ、
1時間くらいモードを切り替えて掃除させておけば、壁ぎわの埃が残るといったこともなく、部屋一帯(10畳~15畳くらい)がかなり綺麗になります。

3点目は、愛着すら湧く頑張り屋な点です。
eufyは電池が無くなり力尽きそうな時、ダウン直前に充電器まで自力で戻っていきます。
そして、設定さえしておけば、また数十分後に再スタートします…!
命令を忠実にこなし、自己管理まで完璧という、サラリーマンの鏡のような働きぶりです。
もはや、eufyを愛でてやりたくなっている自分がいます。

私も初めは「所詮ロボット…」と期待していなかったんですが、
ここまで安くて便利で、愛着まで湧いてしまうとなると、
もう手放せない存在になってしまっています。

以上、我が家のエリート社員「eufy」の紹介でした。