MENU

ゼフィリア

お問い合わせ

中文

 
 
 
ウイルス抑制・除菌用紫外線照射装置Care222 iシリーズベーシックタイプ
ウイルス抑制・除菌用紫外線照射装置Care222 iシリーズユニバーサルダウンライトタイプ

SAT USHIO
ウイルス抑制・除菌用紫外線照射装置

Care222® iシリーズCare222

有人環境でも使用可能なウイルス抑制・除菌技術「Care222®」を搭載した紫外線照射装置です。
一般的な照明器具に近い設置が可能で、従来の紫外線照射装置では出来なかった、有人環境での“環境表面と空気”への紫外線照射を実現しました。
大きな工事がなく取付可能なベーシックタイプと、天井に器具を埋込み圧迫感なく取付できるユニバーサルダウンライトタイプの2種類ございます。

※本製品はウシオ電機株式会社が開発したCare222®の技術を使用しています。
※Care222®は、ウシオ電機株式会社の子会社であるUshio America, Inc.の登録商標です。
技術に関する詳しい情報は「ウシオの環境衛生サイト」よりご確認ください。

説明・特長

  • 有人環境下の紫外線除菌が可能

    人体に有害な波長の光をカットし、効果はそのままに有人環境下でも安全に使えます。

  • セーフティ機能搭載

    近接センサーを内蔵しており、自動的に消灯する安全機能も備えています。
    また、人感センサー(内蔵)を使用することで、無人環境のみでの点灯も可能です。

  • 物体表面と空気を同時に除菌

    光が当たる部分のウイルス、細菌を抑制・除菌するので、テーブル表面などの付着菌と空間の浮遊菌を同時に
    除菌できます。

生体透過率が低い人体に影響のない紫外線

Care222®で使用されている波長222nmの紫外線は、角質層や目の角膜で吸収されるため、
日焼けや皮膚ガン、白内障といった障害を引き起こしません。

人体に影響のない紫外線

有害波長をカットした有人環境下で使用可能な紫外線

Care222®は、波長222nmをピークに持つエキシマランプに特殊な光学フィルタを組み合わせることで人に悪影響を及ぼす230nm以上の波長をカットした、ウイルス抑制・除菌技術です。

有害波長をカット

光が当たる部分にウイルス抑制・除菌効果を発揮します

99%ウイルス抑制・除菌に必要な照射時間※1

ウイルス抑制・除菌に必要な照射時間

様々なウイルスの抑制・除菌が可能

DNA/RNA 構造を持つウイルスを除菌、細菌・酵母菌を除菌します

ウイルス抑制イメージ

型式・仕様

型式 ベーシックタイプ i-BT ユニバーサルダウンライトタイプ i-UDT
外形寸法(mm) W128×D105×H110 W128×D105×H110(埋込穴φ200)
質量(kg) 1 2.2
入力電圧 DC24V(ACアダプタ付属) AC100~240V(電源端子台付き)
消費電力 15W 19.3W(100V)
19.5W(200V)
19.9W(240V)
人感センサー あり
近接センサー あり(1m以内消灯)
点灯モード 有人環境 距離に応じた間欠点灯
無人環境 間欠点灯
取付方法 75×M4×4(VESA対応治具) 天井埋め込み
各種インジケータ 点灯/消灯表示、異常時表示、ランプ寿命
ランプ交換モジュール あり
  • ※ 光過敏を有する方、妊娠されている方等は、日頃の紫外線対策と同様の対応をお願いします。
  • ※ 他の照明器具と同様に、近距離での直視は避けてください(目に違和感が起きる可能性があります)。
  • ※ 人が一日に浴びてもよい222nm 紫外線の許容限界値(TLV)はACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議) およびJIS Z 8812(有害紫外線放射の測定方法)により22mJ/cm2 以下(1 日当たり8 時間以内)となっています。Care222®を使用する際は、この許容値内となるよう設置・運用します。

設置例

  • 医療施設

    受付、待合室、診察室など
  • 福祉施設

    食堂、共用スペースなど
空気と水に関することは、
なんでも、三協エアテックにお問い合わせください。

お問い合わせ