MENU

ゼフィリア

お問い合わせ

中文

オゾンラボ

FILE
129

香料製造工場における排水処理施設の臭気対策

◆ 課題

香料製造工場の排水処理施設から発生する臭気に対して、当社のアクアオゾンシステムによる脱臭効果を評価する。

◆ 実験方法

【実験 A】原臭気の測定
 ・排水のサンプルを三角フラスコに投入する
 ・そこに空気を吹き込むことにより臭気を強制的に揮発させる
 ・三角フラスコからの排気をにおい袋に回収し臭気を測定する

【実験 B】水吸着による脱臭効果測定 
 ・水を入れた別の三角フラスコに実験Aで作成した排気を供給する
 ・水中バブリングさせることにより臭気を水吸着脱臭させる
 ・水中バブリング後の排気をにおい袋に回収し臭気を測定する

【実験 C】アクアオゾンによる脱臭効果測定
 ・臭気を強制排気させる空気に所定濃度のオゾンを混入させる
 ・オゾン混入状態の排気を水中バブリングさせることによりアクアオゾンシステムと同レベルで脱臭させる
 ・水中バブリング後の排気をにおい袋に回収し臭気を測定する

脱臭効果の確認は、臭気をにおい袋に回収し、臭覚を用いた臭気簡易評価法(二点比較式臭袋法)による臭気濃度の測定結果を用いて評価する。

脱臭効果 = 1- ( 脱臭後の臭気濃度 ÷ 原臭気の臭気濃度 )

2種類の排水サンプルに対して、それぞれ上記の実験を実施する。

◆ 実験装置 & 実験手順

◆ 実験結果

脱臭効果について下記の結果を得た。

排水のみ 官能臭気濃度 脱臭効率 備 考
実験 A 500 原臭気
実験 B 100 80%
実験 C 50 90% オゾンガス濃度5ppm

 

汚泥を含む排水 官能臭気濃度 脱臭効率 備 考
実験 A 1000 原臭気
実験 B 300 70%
実験 C 50 95% オゾンガス濃度5ppm

◆ 結論

提供していただいた排水サンプル2種類(排水のみと汚泥を含む排水)ともに、アクアオゾンシステムにより90%以上の脱臭効果を確認した。

◆ 考察

排水のみの実験では水吸着だけでも高い脱臭効果を得たが、汚泥を含む排水は水吸着効果が低かった。逆にオゾンによる脱臭効果は汚泥を含む排水のほうが高かった。 その結果、水吸着とオゾン脱臭を組み合わせたアクアオゾンシステムによる脱臭効果は、両サンプルともに高い脱臭効果を得た。