MENU

ゼフィリア

お問い合わせ

中文

オゾンラボ

FILE
060

高濃度オゾン水の供給とオゾン臭のない作業環境を両立

◆ 研究課題

一般的に高濃度のオゾン水を供給しようとすると、どうしてもオゾン臭が発生してしまい、長時間作業できない環境となっていました。その結果、高濃度オゾン水を利用するシステムとしては、いろいろな限界がありました。

当社では単純なシステム構成でありながら、独自の混合条件で水流とオゾンガスをコントロールすることにより、高濃度なオゾン水を供給しながら、オゾン臭が発生しない環境を達成します。

◆ システム構成

システム構成は非常にシンプルであり、市販のエジェクターと単純な気液分離タンクだけです。
水に混合できる気体量を理解したうえで気液混合をコントロールすることにより、高濃度オゾン水とオゾン臭のない作業環境を両立します。

 

オゾン水混合システム構成
オゾン水混合システム構成

 

オゾン気泡の混合がないオゾン水を供給
オゾン水供給

◆ 結論

本ページのFILE055FILE059で紹介したとおり、実際にお客さまと一緒に実施したデモにおいて、良好な評価をいただきました。

高濃度なオゾン水を利用したいが、作業現場にオゾン臭が充満するために、オゾン水システム採用を断念しているような場合は、ぜひご相談ください。