MENU

ゼフィリア

お問い合わせ

中文

オゾンラボ

FILE
125

ゴム焼却における煙除去と脱臭実験

◆ 課題

リサイクル工場のゴム焼却工程で発生する煙と臭気を除去する方法について、アクアオゾン及び電気集塵による処理方法の効果を評価する。

◆ 実験方法

工場より提供してもらったゴムを加熱することで煙と臭気を再現し、それらを実験装置に回収することにより脱臭および消煙効果を確認する。

 

実験 A

・煙とにおいを発生しやすくするためにゴムを細かくカットする
・フライパンでゴムを加熱することで煙と臭気を発生させる
 ・電気集塵実験ユニットに煙を誘導し、電子的に煙をどれだけ吸着するか確認する

実験装置

 

実験 B

・実験Aと同様にして発生させた煙と臭気を水を入れた三角フラスコに誘導する
・セラミックフィルタを用いてバブリングさせることで水吸着の脱臭効果を確認する
・さらにオゾンを供給することにより水吸着とオゾンによる脱臭効果も確認する
・最終的に電気集塵による吸着効果の確認も実施する

脱臭効果の確認は、臭気をにおい袋に回収し、臭覚を用いた臭気簡易評価法(二点比較式臭袋法)による臭気濃度の測定結果を用いて評価する。

実験装置

◆ 実験結果

実験 A

実験 B

  臭気濃度 脱臭効果 備考
原臭気 2000 強烈な臭気を感じる
水吸着 500 75% 強烈から強い臭気に脱臭した
水吸着+オゾン 300 85% 甘いにおいに変化
水吸着+オゾン+電気集塵 250 88% 甘いにおいに変化

◆ 結論

実験Aにおいて、消煙装置をONして消煙開始後、短時間でほとんどの煙を吸着したことから、ゴム焼却で発生する煙は電気集塵装置で回収しやすい物質であると判断する。

実験Bにおいて、当社のアクアオゾンシステムにより80%以上の脱臭効果を達成できると考える。ただし、電気集塵装置による大きな脱臭効果は期待できない。

◆ 考察

水吸着の実験において、画像ではわかりにくいが脱臭効果に加えて煙の削減効果も確認できた。電気集塵装置ほどの明確な消煙効果ではないが、すでに導入している燃焼装置との組み合わせにより一定の消煙効果も期待できると考える。

実験装置